情報一覧へ戻る
大津町けんこうガイド発信日:2001年12月26日
日本脳炎予防接種
発信元:大津町役場

[対象]生後36ヶ月から90ヶ月までの幼児

日本脳炎は、蚊が媒介するウイルスにより起こる感染症で、夏から秋にかけて患者が発生します。流行を未然に防ぐため、生後36ヶ月から90ヶ月までの幼児を対象として予防接種を実施しています。
1期として初回接種を1から4週間おいて2回(標準的には3歳で接種)、翌年1期追加として1回(標準的には4歳で接種)受けて基礎免疫がつくられますので、この3回を必ず受けてください。
2期として小学4年、3期として中学3年で実施しています。

町内の医療機関で実施しています。


●予診票は乳幼児健診時及び保健衛生課で配布します。

●接種を希望する医療機関へ予約をしてください。
  接種する医療機関へは必ず保護者が連れて行ってください。

●子どもさんの体調のよいときに受けてください。
  また、薬を服用しているときは接種を控えてください。

●接種できなかった人は、医療機関、または役場保健衛生課で次回の予診票をもらってください。

【持っていくもの】
  予診票、母子手帳、印鑑、体温計


このページのトップへ