FAQ一覧へ戻る
子育ての悩みQ&A
Q.
 子どもの学習は早いほど効果的?
  下の子どもは3才になります。ピアノ、絵のおけいこは、早いほど効果的と聞きましたが本当でしょうか。


A.
 
   おけいこごとの問題ですが、英才教育と早教育のことがよく混同されていますので、ここでこの違いに触れてみます。英才教育は、特に優れた素質や能力の子どもを集めて普通よりも高い教育を行うことです。早教育は、一般的に教育適齢期と考えられてきた年齢以前に実施する教育を意味します。ピアノの演奏技術、絵画の描画技術は目と手の協応動作の発達とも関係します。正確に弾く、描くという能力の習得はそう簡単ではありません。しかし、音に対する感受性、美しい音との出会い、音楽に対する耳を養う等の音楽的環境を家庭に持つことは、音楽教育の立派な基礎づくりになります。専門の方々に教授していただくことに先んじて興味への誘い、共に楽しむ、関心を持つような家庭での雰囲気づくりが大事になるようです。一般的に3才くらいでは、どんな才能が潜在しているのか、なかなか判断できません。その道の専門家に育てるとか、学校で困らないようにとかいった大人側の思惑ではなく、子どもと共に楽しむといった程度に考えた方がよいと思います。
 


このページのトップへ