FAQ一覧へ戻る
子育ての悩みQ&A
Q.
 小学校の入学準備
  もうすぐ小学校入学です。読み書きを教えないといけないと周囲は、うるさく言います。本当のところ何を準備したらいいでしょうか。


A.
 
  最近は、小学校入学頃には、たいていの子どもが、ひらがなの読み書きができるようになっているのは事実です。しかし、教え込むことより、絵本を読んでやる、求められるときに童話の話をしてあげるという関わりが、むしろ大事と思います。耳と口による言語生活に豊かな”こころ添え”が欲しいですね。子どもの身近な持ち物に、こどもの見ている前で名前を書いてあげたり、一緒に歩いている時に、”まりちゃんのまの字さがしをしよう”という具合に、こどもの名前の頭文字さがしを看板や表示ボードから探すのもいいでしょう。こんな風に、文字への関心も大事ですが、同時に準備して欲しいことがあります。学校までの距離をこどもと一緒に歩き、「ほら、ここは自動車がスピード出しているから危ないね。」とか「横断道路は、あわてないで、しっかり青を見て渡ろうね」と、小学校までの地理、環境を自分のものにさせる配慮が大事です。また、ランドセルに筆箱を入れたり出したり、教科書に見立てた絵本を出し入れたりと、こんな練習が、”いざ授業”になった時、役立ちます。さあ、親と一緒に、授業を聞く耳、先生やお友達との会話を楽しむ準備を今夜から始めてくださいね。
 


このページのトップへ